美容鍼について

当院のリフトアップ美容鍼の特徴

    当院のリフトアップ美容鍼の特徴

    当院のリフトアップ美容鍼では、一般的な美容鍼よりも次のような効果が期待できます。

    ・小顔効果、リフトアップ効果
    ・毛穴やキメを整える、肌質改善
    ・咬筋の張り、左右差の軽減

    まずは当院のリフトアップ美容鍼の流れをご説明いたします。

    ①メイク落としと消毒
    まずはお顔や頭など刺鍼する部位の消毒から始めます。お化粧をされている方はここでメイク落としも同時におこないます。
    ②首、肩、頭から刺鍼開始
    頭から鍼を刺していきます。鍼刺激に問題がなく、首肩に張りや凝りがある方へはその治療もいたします。
    ③お顔の刺鍼
    お顔は比較的刺激の感じづらい箇所から鍼を刺していきます。一人ひとりの症状や悩みに合わせ刺鍼していきます。
    ④置鍼中に微弱電流でリフトアップ
    鍼を刺したまま時間をおくことを置鍼と言います。置鍼中、刺激が問題ない方は微弱電流を流し更なるリフトアップを促します。
    ⑤小顔矯正で骨から引き上げ
    タオルの上から小顔矯正マッサージをして骨格から引き上げていき、更に左右差を改善します。
    ⑥シートマスクとローラー鍼
    シートマスクをし、上からローラー鍼やテイ鍼をすることでマスクの成分を浸透させながら肌質改善を促します。

    当院のリフトアップ美容鍼の特徴は一般的な美容鍼と違い、リフトアップさせるために骨・筋肉・皮膚・経絡の全てにアプローチしていきます。総合的にリフトアップしていくことで効果が高まるだけではなく、持続性も高まることから、他院の美容鍼を受けたことのある方からも「今まででの美容鍼で一番効果を感じられた」とのお声をいただくことが多いです。

    具体的にどのように違いがあるのか、簡単に解説いたします。まず鍼の刺し方から違います。ただ刺すだけではなく、皮膚や筋肉を引き上げながら刺鍼していくことで、リフトアップした位置を表情筋に形状記憶させていきます。刺鍼後、鍼刺激に問題なければリフトアップに効果的な筋肉やツボに微弱電流を流し、表情筋をリフトアップをさせ引き締めていきます。抜鍼後は小顔矯正で普段の姿勢や重力によって下がったり、歪んでしまった骨格を引き上げ、左右差も調整していきます。その後、ヒト幹細胞の成分を配合したシートマスクをします。ヒト幹細胞は皮膚のハリと弾力性を上げたり、肌の生まれ変わりを活性化させるといわれています。シートマスクの上からローラー鍼やテイ鍼で施術をして有効成分を浸透させつつ、皮膚表面に刺激を与え、肌質改善へ導きます。また経絡の流れを整えることにより、自然治癒力高めます。

    以上のように、美容鍼睡眠ラボの美容鍼は、骨・筋肉・皮膚・経絡の全てにリフトアップに効果的なアプローチをおこなうことから、持続性が高く、高いリフトアップ効果が期待できることが特徴です。一度の施術でも効果をご体感される方が多いですが、継続していただくとリフトアップの持続性が高まります。そして何より、当院の美容鍼は元に戻るその「元」の状態にまで変化を及ぼしていくことを目標としているので、最初に良い状態が定着していくまで継続していただけますと、少し期間が空いてしまったり、多少の不摂生があっても、すぐに良い状態に戻るようになり、元の状態が変化していきます。元の状態まで変えていくには1、2週間に一度の施術を20回ほど受けていただくことをお勧めしております。

    一般的な美容鍼の効果について詳しくはこちらのページもご覧ください。

    関連記事